開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

Welcome to 素晴らしい人財のあなたの窓
  
叡智を活かす現役実務人財対象:
  「知行一致」行動開眼のトリガー! 
 

  役員経営層・経営者を目指す人財の”あなた”へ
  成果をだせる実戦型役員・経営者の智慧情報を集約。
   日々の累積が生涯自らの財産となり無限の人生を開く !! 

◎あなたが個々の成長段階に応じて、あなたの今所属する会社、団体
 学校等を起点にして、激動の環境の中でさえ人生を勝ち残れるために
 成長の節目ことに「最優先した方が成功確率が高い、智慧が育つため 
 の専用のコンテンツ」を準備してあなたを志援します。

 他の共有のコンテンツはある一定段階に達すると確信決断するとき 
 自在に活きてきます。成長途上会員は 自分の行動範囲と、次の成長
 段階に応じて発生可能性が高い周辺コンテンツも含め、知識より、実戦 に必要なものから最優先に継続活用を推奨します。
 


   ◎1名のA志援の人財が選ぶ  経営の現場で臨床検証済。
     成功確率の高い最先端の「知識・智慧・衆知を集める智慧」。
   カテゴリー全体最善整合を目指し進化する会員専用コンテンツ。
   会員の皆様は成長過程、現在の環境に基き補正、修正追加が必要
   です。人財成長の下限の基準にし、さらにレベルを上げ超一流
   の人財に成長されることを待望しています。
   
 
    サイト作成運営コンテンツ全て1名の価値判断です。
   皆様の実証済みの成功体験を修正の基準として + −を付加し
   自分のためによりよい未来に挑戦して下さるよう祈念します。
 

    
●自ら強烈な成長へ向かう、脱皮のトリガーは
     「四面楚歌の中を突破」   「火中に栗を拾う」
     「虎穴の中に入る」       「千尋の谷から這い登る」   
     「孟母三遷」               
       「周囲の人知識智慧実戦力を味方にする」

  外圧を素直に自らの成長の機会と捉え感謝し、自ら踏み込み解決する!
       
  克つから 強くなる、達成すると悦び沸く、自信と喜びは伝播する!

    真に傍の成長人数を増たいなら、行動量を130%過負荷し、任せ  

   自力力が育つまで見守りベクトル方向を正す。徹底した教導です!
    知識の過保護、まだ不足した能力レベルで「本人の決断に任す」
   行動は、無責任・他人事で「育てるを放棄する」現象の一つ。

  
自分が変われば 他人が変わる!評価も変わる!
 
   原因自分論、自己責任、プラス発想で実戦
 
   能力とは 実戦力、頭だけでわかっていても
   実行できないものは能力とはいえない!


   実戦は訓練のように、訓練は実戦のように!
  すべて 実戦から始まり、次の進化した実戦力を産む!
 理屈は後から創り、体系化確信化すればよい!

   今を大切に、今に徹し、全力投球!

   超一流を目指し、
    昨日よりは今日、今日よりは明日と総能力を高めよう! 
 

朝は近い!

夜のやみ度が未来を拓く
 

    道は開く!  


 ◆自分が変われば
  人生が 変わる

 ◆一人ではなにもできない。
 一人からはじめなければ
 なにもできない。


 
「しあわせは 心で決めるもの
 今最善を求道・実践しよう!」
  
  心 →態度   態度→行動
 行動→習慣   習慣→人格
 人格→運命   運命→人生 

 「できる、できるようにする」
 蔵→修→破→離→遊

 「自己評価はするな!」
 「相対比較は上を観る!
 絶対比較は己の不足を知り、
 より優れた上を観る!」

 ・微差が大差 
 ・超一流を目指す
 ・今に徹する
 ・大局着眼小局着手
 ・知行一致 
 ・最善求道

 ・正しい選択眼価値判断
 5つのパターン化の精度
 ◎ ○ △ × 「××」

 ・遠く遠山を望み近くは生卵を
 掴むが如く!

 ・コロンブスの卵
  
 ・実現するための総能力量以下
 のテーマは逆風の環境下で
 さえ、実戦すると実現できる。
 実現できないのは、総能力量
 が、もうちょっと不足しただけ。
 更に、総能力量を増やそう。




 

新着情報
2013/7/19
地域が勝つ条件である「複合食品産業を基幹化」するためには、地域を共の豊かな国にしたい現在バラバラの企業で自社最適を追及している、多分野の制御型人財が地域ひとつの事業体とする多分野統合統覚型集団組織へ価値基準行動基準を「もうちょっと」視点を変えて、勉強仲間・行動仲間が協業連携から全体最適方向へ動き始める時です。仮想空間の地域の戦略の幻想を断ち切る時、今は多分野戦術と行動の成果臨床実験検証の時
2013/7/19
21世紀後半・未来が共に豊かに希望に満ちた「自己実現」できる地球社会を構築するための各国実務のプロ・匠の多分野の制御型人財を志す人の人格形成の基礎基盤
2013/7/19
「集中力」に関するページを追加しました。◇「集中力を高める基盤」 ◇「集中力を生むライフスタイルの方向」 ◇「集中力を生む行動スタイルの方向」 ◇「よい健康・よい集中力・よい決断へ行動」
2013/4/23
2011.3.11の天災、人災により日本企業の経営戦略重点の修正が優秀企業から積極的はじまりました。2012年の「企業格付け」は 2012年10月16日に「企業力ランキング」として名称変更し、アンケートの内容も不連続に修正されました。日本の先導企業のか格差は、基幹部分は、各企業平準化され、世界の標準企業を基準に点数化され、低い点数が増えたようです。富国殖産、国内事業比率の高さ、国内就労者の多さ、国内法人税貢献度等で日本の財政破たんに歯止めをかける国内の企業力比較とはすこし視点が違うようです。

2013/4/22
2013年3月11日から東日本大震災、福島原発事故で、なぜ現在まで復興を他力依存でまだ地域のグランドデザインさえ出来ていないのでしょうか?すでに復興予算は大量に消え、阪神淡路大震災が自力で復興したハイスピードにならないのでしょうか、地域が共に豊かになり、地域で働き、自ら稼ぐ持続的就労インフラは複合食品産業(いきものづくり)が、日本で今、グローバル解放が本格化する前に、成功ビジネスモデルを構築する時がきています。地域の誰でも働く場として、学歴やブランド価値は低いが、経験熟練度、匠の技能成長がふさわしい収穫量を生む「いきものづくり」の無限の成長領域が拓けてきます。
2013/4/22
情報量「ゼタ時代」は、都市部の競合他社と60%以上を占める普通の人材格差は、真似した型で、知識量の格差は減少。社員数の多さが勝てる条件となり、激戦度が高い業界業態ほど平均人材の成長レベルは想定以上に早い時代に入りました。
海外から国内に参入企業は、各企業の最強人財がリーダーとなり競合参入してきます。中小企業は、単独で勝てる確率は低くなりました。経営者経営陣の軌道を勝つ方向に社員を軌道制御できる人財数を、協業連携で、加速度的増加することが21世紀後半に生き残る方向
2013/4/22
日本の天災人災が頻発時代、グローバル化で国内外からの脅威の外圧に局地で勝つためには地域の中小企業は、限られた経営資源、投資予算、社員人数を勉強仲間、行動仲間で群れて雑魚の生き残りのように5年以上の持続的優良法人企業をリーダーにして協業して、共有化した創市場創客で勝つ布石を重点集中で構築する。後の各社の本業事業は、創市場創客増加に対応するため、多忙化すると社員の各分野の労働生産性カイゼンをしなければ対応できないたず、急速に変わる。間接専任者を多忙にするためには、稼ぎ人として兼務型で不足する社員数に全員組み込む。
2012/10/9
21世紀、情報量「ゼタ時代」に入りました。情報量をプラス領域量が多い方向に活かし、最先端領域情報を学び、真似る、追いつき、追い越し、プラスαを付加するして、実体社会でふさわしい行動をすると、20世紀までの優れた多数の先人が寿命で挫折して、中途半端継承しかできなかったテーマを想定以上の速さで実現できる時代に入りました。


■あなたが変わり、自社が安心成長企業となると、
  周囲も共に豊かになる善循環がはじまります!
 

 
◎A志援のサイトは”あなた”の問題解決に活かす早道!
   企業の未来を拓く経営要素にかかわるトリガー!


 出来るだけ日本の中で最先端を進む情報を重点に

 大局は宇宙観 小局は 経営の視点から 成功確率の高い臨床検証済
 のものを重点に揃えています。
 
 視点はより高く、視野はより広く無限に成長する人財が多数輩出し
 傍(はた)を共に豊にする制御型人財が生まれることを待望しています!

        
◎情報量「ゼタ」時代に入り、情報広域・深度・精度・品質等の高度化度合は、
投資資金潤沢度合と相関して急速に乖離格差が拡大する時代になって
高価格化してきました。

情報に投資資金が少ない時でさえ、富裕層に比肩し拮抗できる核心を突く
確率を高めるために、情報の源流から流行、不易、最先端情報の高度化
軌道を探し当て易いしくみになっています。
無料のサイトです。
あなた流に情報加工できるように、テキスト型(一部写真gif)にして、
素材として、取捨選択して想定以上の短時間で必要なものだけ揃えて、
当面の問題解決のために、「必要な時、必要な内容・高質、必要な量」だけ
多くの多様なサイトから追加し、さらに情報高度化してください。

あなたの目的のプラス領域量が多いベクトル方向へ軌道を換えるトリガー機能
(引き金)になり易い事例によりフレームワークが構築できます。
あなたのどの成長段階でも最適でふさわしい内容で組立ることができます。
世界の最先端情報段階まで揃え続け、潮流適応型連動が特色です。 


「A志援-人財サイト」を探し当てて活用されているすばらしい一流検索能力
のある”あなた”に感謝し、能力がますます開花されることを祈念しています。
    


      

◎カテゴリー一覧
 
目的のコンテンツ速や探しの「フレームワーク」として活してください。 


更新 2013.07.18

      ↓ クリック                                 ↓ クリック    

  
  内容(1階層)
 

 内容(2階層 〜4階層)

□日本の産業企業の成長過程

情報公開時代、情報を戦略構築に活かす最新の接点として活かす

日本国内の公開情報の源流を活かし、情報の根源、土壌からあなたの企業を観(診)る、社内だけの共有情報を補正する必要があることに気づけます。
あなたの会社の決断情報はどの程度の精度段階でしょうか?

◆企業力格付け
海外市場で事業展開する企業の重点行動テーマと徹底度合を知り、自社のコアを重点に強化しよう。

●元気なモノ作り中小企業300社
中小企業の固有義実の事例。テーマ別市場での展開の経過でわが振りなおす。

◆経営は環境適応業 
自社の最適適応の事業展開のベクトルを補正し、より環境適応能力を高める。

◆グローバル競争を勝ち抜く論文検索
中小企業は富裕な情報投資資金のある機関を自社のパートナーとして低投資で核心を突く情報を活用できるようにする。

◆日本の国際標準化戦略
世界標準に合わせて日本の標準を変える(他力型)から、日本の標準が世界へ波及する方が、世界の上限追求企業には戦略的に優位になります。

◆日本標準産業によるデータ
日本の産業をデータで観(診)ると、真の国家財政国民生活のための基幹産業がなにか?気づく人の数が増加することを待望しています・


専門学会の活動内容から学ぶ
業界団体の活動内容から学ぶ
◆環境に関係する活動内容から学ぶ
◆漁業に関係する活動内容から学ぶ


●業種別上位ランキング定点ベンチマーク素材
各業種を先導する企業、業態を先導する企業から、今なにを重点集中行動しなければならないか、「フレームワーク」が浮かんできます。


















 


日本の産業企業の成長過程


◆業種別法人申告所得上位30社(1970〜2006)
 

◆テーマ別時代の変化(1970〜2006) 
 ・業界編成変化への対応(1980〜2011)

◆企業力格付け
 ・「企業力格付け」アンケートの内容
  ・「企業力ランキング」アンケートの内容
 ・「企業力ランキング」の関連情報
 ・「企業力ランキング」への期待

◆経営は環境適応業 

◆グローバル競争を勝ち抜く論文検索 

◆日本の国際標準化戦略

◆GDP公表民間機関情報サービス企業

●日本標準産業分類のデータ
 ・第一次産業のデータ  
 ・エネルギーのデータ

 ○食品産業の業種業態データ
  ・食品産業のデータ1     
 ・食品産業のデータ2(続き)
 ・食品産業のデータ3(続き)
  ・食品産業のデータ4(続き)
 ・食品産業のデータ5(続き)

■業種業態の現在の活動内容から学ぶ

専門学会の活動内容から学ぶ
   ・次世代照明技術団体関連
 

業界団体の活動内容から学ぶ

◆環境に関係する活動内容から学ぶ
◆漁業に関係する活動内容から学ぶ


■日本の業界でコアを活かし先導する企業事例


●元気なモノ作り中小企業300社
  日本の中小企業のものづくりの開発企業モデル

●業種別上位ランキング定点ベンチマーク素材
  ・電気機器 ・情報通信業 ・機械 ・精密機器 ・化学
  ・建設 ・その他製品 ・輸送用機器 ・広告ディスプレイ  
    ・水産農林業 ・食料品 ・卸売業 ・調査コンサルタント研究所
  ・その他サービス ・金属製品 ・医薬品 ・教育関連 
  ・レンタル、リース ・倉庫、運輸関連業 ・繊維製品
  ・警備、ビルメンテンンス ・電気・ガス業  ・陸運業
    ・レジャー
    
  ◆業界先導企業グループ
 ◆太陽電池、風力発電等
 ◆機械関連
 ◆自動車部品関連
 ◆食品関連
 ◆化学関連
 ◆繊維製品
 ◆ガラス・土石製品
 ◆非鉄金属 
  ◆電子部品関連
  ◆蓄電池 
  ◆新聞社
  ◆地域型CATVの存在価値発揮・エリア1
   (北海道・東北・東京・関東・信越)
 ◆地域型CATVの存在価値発揮・エリア2
   (北陸・東海・近畿) 
 ◆地域型CATVの存在価値発揮・エリア3
   (中国・四国・九州・沖縄) 
  ◆コミュニティバスCB
 ◆冠婚葬祭
  ◆マーケティング支援機関
  ◆水素・燃料電池
 ◆農業機械化関連
 ◆機械関係の進化
  ◆FAX情報サービス
 ◆水処理・水浄化・水ビジネス  

 ◆リース利用の判断


 

□A志援ー固有コアを進化させる企業群





 


◎運営者が出会った順序でコンテンツを追加しています。

固有コアを進化させる企業の中で A志援サイトを探し当てて、誰かが
来訪された企業と、大規模展示会で出合った最先端情報かた選択しました。

「固有コアを進化させる企業群一覧」
  

◎その拮抗する企業の情報は

「業種別定点ベンチマーク素材」
で相対比較しながら、世界に比肩できる最先端情報を探すトリガーとして活用してください。 

 

 

□自分を変え周囲が変わる
価値判断

一人からはじめなければなにも出来ない
一人だけでは何も出来ない
周囲・組織の力を活かすと、想定以上の成果が生まれてきます。


◆戦略的人財育成
自社の人財育成軌道の乗るためのあなたのフォーム修正の方向を知る。

◆自分が変わる原理
日常、知っていることを、力まずして実行でき、周囲もさせる最適方法を知る。

◆総合人財育成システムの確立
当面する仕事に今に徹して集中し、先行行動として、あなたの人生のコアになる部分の周囲を戦略的に拡大させ、評価されるための軌道づくりをする。

着実に人財へ成長する機会を活かす
不易、流行への最適適応と自分を適応して変える方法を探す事例
日本の中堅上場企業が成長するために世界に比肩できる組織人を戦略的に育成した実績豊富な事例を集積しています。

◆経営者
経営者を目指すあなたは、環境に対応して最適な決断をして結果を最大にするために、多様な視野視点と知行一致のしくみシステム人の進化をさせるトリガー機能を常に超一流方向へ日常進化させることが必要条件です。

◆戦略的人財育成
◆個人総合能力開発
◆潜在能力を観える化
◆人材と人財とは同一情報の中味が違う
◆実戦力と地頭力
◆長所を伸ばし短所は抑える


●リース利用の判断
投資採算計算の中で、資金調達に関する諸要件として技術進化の激しい時代、多種多様なリースを上手に利用する事が勝ち残り戦略の一つになってきました。


◆人材アウトソーシングの中で勝ち残る

人の総人数の時間生産性を最大化し、総人件費を最小化し継続採用による総人件費増分を最小化、マイナスにする目的で外部を利用して、従来以上の機能向上さえ知恵を使う生き残りのための切迫して企業が増えてきました。

●物流、調達機能と事業展開との整合化

物流は第3の利益源。業務改善の一環に組み込む重要な要素になって 来た。最適なシクミ、システムを自力構築するとコストが上がり採算を出し難い分野で、外部活用を戦略的に検討する企業、連携する企業が増えて来ました。








 


□自分を変え周囲が変わる価値判断


◆戦略的人財育成

◆個人総合能力開発

◆潜在能力を観える化

◆人材と人財とは同一情報の中味が違う

◆実戦力と地頭力

◆長所を伸ばし短所は抑える

◆自分が変わる原理
 ●業務高品質高効率生産性へ変える原理
 

◆総合人財育成システムの確立
  ●国立高等専門学校機構
 ●農業関連大学&水産関連大学
 ●専門職大学院
 ●技術経営(MOT)系専門職大学院協議会
 ●世界観大学院・大学の活動

着実に人財へ成長する機会を活かす
 ●認証関係機関を知る
 ●不易流行実績法が自然に出来る
 ●経営実戦公開講座と相対比較
  ●資格取得を推進する機関を活かす
     ・資格検定試験

 ●潜在性格能力の評価
  ●「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす
    ・左脳、右脳、小脳、脳幹の違いを知る
  ・左脳・右脳のコア、強みを活かす
    ・よい「心」の総行動量を「気」により増加
   ・集中力を高める基盤
  ・集中力を生むライフスタイルの方向
    ・集中力を生む行動スタイルの方向
  ・よい健康・よい集中力・よい決断へ行動
     
  
業務の専門度(創市場)を重点集中で深める
      ・市場的確把握既存情報を活かすプロ
    ・知財を活かすプロ
  
 ●研修専門会場 会場手配・施設運営代行    
  

◆経営者

 ◎経営者(経営層)の戦術  
 

   ●プロ経営者との格差認識自己診断   

   ●企業体質判定

  ●取締役に選任されるための自己診断

  ●経営者(層)の自己診断(アナログ分野)

  ・プロ経営者度 

  ・ビジョン

  ・顧客満足度CS

     ・社員満足度ES

  ・ベンチャー化度
 

 ●創市場創客にWebツールを活かす 
  
●経営は環境適応業

  企業の壁の突破口探し

 突破口テーマの解決具体策探し
 ●投資育成のしくみを活かす
    ・日本政策投資銀行
  ・日本政策金融公庫農林水産事業 
  ●狭域高密度型地銀信用金庫の潜在力  

  ◆人材アウトソーシングの中で勝ち残る

 
●リース利用の判断

 ◆世界観で自分の行動をもうちょっと変える   
 

 

◆社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土(1)
慶應義塾大・東京大・早稲田大
◆社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土(2)
京都大・中央大・同志社大・立教大・一ツ橋大・大阪大

◎若い最先端知識人で地域の智慧を進化
地域を変える最前線で活躍できる人材が育つています。
地域の未来を担う人財に育てるためには、地域の中小企業の協業体である「第四次産業・複合型食品産業」による事業展開を地域密着CATVを核にして展開し、若い世代は勿論、地域の生活者の就業数を安定増加できるようになります。若い先入観障壁の少ない世代と連携し地産地消豊な地域を創る人として地域が活かす千載一隅のチャンスの時です。 「日本の地域をつくる」基盤を創る人材がすぐ近く多数います。  

 

□ISO、認証を活かす
「強い会社」つくり



世界の下限基準以上で事業展開すると、
勝ち残る確率は高くなります。
不足している要素は、弱点を競合他社や
環境に突かれないことを祈念しています。



◆ISO監査の評価事例

 

◆ISO定着で経営組織が変わる
   
●営業部門のISOを活かし善循環組織へ 
 

◆ISO管理項目の数値化テーマ   

◆認証関係機関を知る


 

□経営人材システム評価





 


◆経営業績評価指標

◆経営軌道誘導制御因子(Z軸)

◆経営実現能力因子(X軸)

◆経営マネジメント因子(Y軸)
 

組織の機能を強化し業績貢献できる5つの重点因子を、持続的に最新化するための着眼を選択する。数値化して、目的達成のための目標を誰でも見える化し「出来たか、まだか、どうしたら出来るか」が数値評価できると、抽象的、精神的一過性の長期間かかる方法から、日常着実に数値をよい方向へ向け、想定以上の期間で目的が達成できる体質ができてきます。
 


□産業人財能力に関する情報






 


産業人材能力に関する情報をまとめました。自社を牽引する人財のイメージを現在の自社優秀人財をモデルに仮説的に描き、未来の付加すべき内容を、下記のような、多くの智慧を集約した情報源から選択し、成長経過をトレーサビリティー(追跡)して、改善継続してください。

わが組織の人財数で、普(不)況時代の目標達成人数の数と相関があります。持続的業績貢献格差になります。

あなたの周囲を変える総能力と相関がります。
 


◎戦略的人財育成を計画的に展開する先進情報

不易、流行への最適適応と自分を適応して変える方法を探す事例
日本の中堅上場企業が成長するために世界に比肩できる組織人を戦略的に育成した実績豊富な事例を集積しています。



 ●最新事例で問題解決の突破口探しの窓






 

着実に人財へ成長する機会を活かす

 ●認証関係機関を知る
 ●不易流行実績法が自然に出来る
 ●経営実戦公開講座と相対比較
  ●資格取得を推進する機関を活かす
     ・資格検定試験

 ●潜在性格能力の評価
  ●「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす
   ・左脳右脳小脳脳幹の違いを知る
  ・左脳右脳のコアの強みを活かす
  ・よい「心」の総行動量を「気」により増加
     ・集中力を高める基盤
  ・集中力を生むライフスタイルの方向
    ・集中力を生む行動スタイルの方向
  ・よい健康・よい集中力・よい決断へ行動

  
業務の専門度(創市場)を重点集中で深める
      ・市場的確把握既存情報を活かすプロ
    ・知財を活かすプロ
  
 ●研修専門会場 会場手配・施設運営代行 


世界観で自分の行動をもうちょっと変える

  

□「新連携」で企業使命実現の確率が上がる





 

「新連携」は中小企業の「強み」を持ち寄り、新事業展開を行う新しい「ビジネスモデル」です。(独)中小企業基盤整備機構のカイゼンされ進化してきた「新連携支援制度」のしくみを応用展開し、自社新事業構築の実現期間を短縮し、勝ち残り、世界に比肩できる、日本の税収に貢献できる安心成長する多数の企業を計画通り出現させる確率は高くなってきました。

◆「新連携」型企業事例

◆TLO(技術移転機関)を活かすd

◆横断型基幹科学技術研究団体連合
 

 

 


□管理の基本機能














 


◆勝ち抜くビジネス手法

 ●体系的にものごとを捉える理論武装

 ●分析力をアップさせる理論武装

 ●経営革新に関する理論武装

 ●品質革新に関する理論武装

 ●発想を広げる理論武装
  ●検索の機能活用能力をアップする理論武装

 
◆経営連携による強い企業化に関する理論武装

◆技術経営(MOT)系専門職大学院協議会

◆健康機能再生復元探し
 ・日本理学療法士協会

◆超多忙な人財の健康持続の突破口
 

多くのビジネス手法の源流管理をすると、多くの手法を目的的に活かせる段階が拓けます。
 


□再発防止に関する行動



事故の発生する傾向と人の行動に関する
先人の智慧 から行動の重点を知る。

すべての事故は「人が行動した結果」であり、「人がかかわらない事故」はない。
想定外とは、人が未知の領域だっただけで事前に徴候の頻度があり発生確率がゼロでない情報を人は事前に予知し、ふさわしい行動しなかったことが原因です。
すべての事故は、人が自己責任の視点から観るとすべて「人災」の範囲です。











 


想定とは、過去の帰納優位型を活かす演繹的基準です。
地球環境、企業環境は 想定外が頻発する徴候がある時代は経営資源を最適に活かす方法と主張する多様な情報があります。それに幻惑されず問題解決時最短の時間で、置かれた環境状況で最適を的確に選択し、自己責任で確信決断しすると、失敗の再発防止の歯止めしくみシステム向上は超速度で対応できるようになる。
相対比較すると、周囲と観えない乖離格差・オンリーワン総能力格差に気づく段階がきます。
「人は、顕在潜在総能力が不足するとふと失敗します。」リスクを恐れず、2度と同じ領域のリスクをしない歯止めを構築しつづければよいだけです。高度な責任を担当すればリスクの再発能力と相関が高くなります。」限りなく、リスク確率をゼロを近づける行動総能力を上げる自分流の方法を構築することが必要条件です。
他人の重大なリスクの真因は 実戦量は他人以上が関わる短所の一つです。
リスク環境で最大の想定要素で模擬実証検証し、歯止めの対策を構築しなければ、環境条件の要素が異なるため、同一の重大なリスクが、他人リスク要因とは別な要素で発生する確率は高い。
特に完全にリスクを回避できる科学能力が世界にないか少ない業種の分野は、原点回帰し「再発防止」に関する自社の総ノウハウを総点検する千載一遇のチャンスの期間が顕在化しているときです。「他人のふり見て、わがふり直せ」を総組織で行動することを推奨します。

◎失敗学、手法は、最大が失敗領域の上限(-0)の失敗領域であり、成功領域(+0以上)にはならない。必ず前よりも大きな失敗を誘発します。人はマイナス領域は見えやすく、プラス領域は、思考ベクトルをプラス方向(よいとこ・よいやりかた探し)に向いた問題追求して、はじめて「再発防止」の歯止めがかかりはじめます。
 

 

 

□営業関係知識項目スキル
熟練度


勝つためには、段取りが8割のウエイト。
綿密な行動プロセスを組んで行動を制御
すると想定以上の実績が持続的に上がる
段階がきます。


 

◆「契約力」の実践強化
  
●契約率をアップする商談  
 

◆CSと営業の役割 

◆有効面談時間を増やす着眼

◆1人当たりの営業利益(稼ぎ高)を高める

◆新規開拓行動基準 例

◆シグナリングの感度を上げる

◆成約率アップは技術者センス営業が必要条件

◆創客は「ホスピタリティ産業」から学ぶ

  

□創造的マーケティング

先人の無限時間をかけた成功確率の高い
手法を活かし、総能力向上スピードを加速
するために実戦実証量を増やしてみよう。




 

◆0対象顧客の設定

◆1顧客の状況把握(テーマ)

◆1顧客の状況把握(読む)

◆1顧客の状況把握(顧客の声を聞く)

◆2顧客課題把握(想定)

◆3課題解決の立案

◆4提案の実施

◆5提案実施後の評価と対応の検討
 

◎事業善循環への活かし方

 


□創市場創客の具体策事例


21世紀ITの進化に合わせ、成功確率の高い創市場創客に関するしくみシステムが加速度的に変化してきました。アナログ、気合の営業だけでなく、デジタルと共存しながら実戦展開する企業が増えてきました。持続的業績格差への相関性がではじめました。

○新市場製品商品を探す
○新客を探す
○テレマーケディング(安定業績基盤構築のしくみ)
○コンタクトセンター機能で日常のしくみシステム成功確率が高い方向へ換える
○インターネット時代の創客専門誌


■創市場に役立つ事例

経営の視点から戦略的創市場創客を活かしたときのコンテンツ一覧
 

 


●創市場(新市場)製品商品を探す


●新客を探す

●創市場創客で事業業績基盤強化

●テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)
●コンタクトセンター関連情報
コンタクトセンター機能で日常のしくみシステム成功確率が高い方向へ換える

●マーケティング支援機関


●業界大展示会を活かす
 
◆首都圏4会場の大展示会情報1(1月〜6月)
 ◆首都圏4会場の大展示会情報2(7月〜12月)
 ◆日本展示会協会
 ◆展示会出展参加者選択時の着眼

●首都圏創市場実現の智慧

●白書・産業統計・アンケート等の活用


●ネット活用が創市場実現格差
   
◆検索エンジン活用事例(植物工場)
   ◆検索エンジン活用事例(養殖漁業 栽培漁業)
  ◆検索エンジン活用事例(太陽光発電) 
   
◆情報量「ゼタ時代」のプラス領域が多い行動
  ◆情報量「ゼタ時代」地域勝ち残りの戦略 
  

  

□新製品・新事業開発のための
情報


自社の事業領域を時代に適応させて
変化させ、持続的業績基盤を構築
しよう。



























 

◆技術の機能マップ(ジーンマトリックス

◆最先端医療の現状

◆最先端下水道の現状

◆林業再生「社会資本」の現状

◆第四次産業・複合食品産業
  日本の背骨である基幹産業は何か?


◆21世紀が創る新市場の現状

●植物工場の稼動と市場
  ・植物、畜産、栽培養殖漁業、林業群複合工場
  ・日本で複合工場実証試験関連技術
  ・新たな食の安全安心は業務用計測技術の進化
  ・放射能汚染に対処する食の安全基準の現状

●新エネルギーの稼動と市場
  ・天然ガスコージェネレーション

●スマートハウス・シティの稼動と現状

●スマートコミュニティ社会

●地方空港は地域人商流の突破口
  ・消防防災ヘリ、ドクターヘリの地域貢献
 ・航空貨物物流の最新のしくみを活かす 

●希少元素再生化資源と錬金術資源の市場
 ・周期表に見るレアメタル

◆地域密着型CATVの地域との融合現状
・CATV業界関連団体広域企業
・CATV業界収益があがるしくみ
・地域密着CATV企業の役割
・地域CATVで押さえる着眼
・地域密着CATVを補完優位化する無線

・若い最先端知識人で地域の知恵を進化

 


□地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化

情報量「ゼタ時代」プラス領域量が多い最先端の知識知恵プロセスを地域益、地域殖産の視点で「学ぶ、真似る」地域にふさわしくプラスαを付加すると、21世紀すでに地域にある経営資源、地域の人の総能力を統覚統合し、一体化する集団組織体にすると実現できる時代に入りました。







 

 ●地域の複合食品産業の原料調達は地域複合植物工場で自給自足する

 ●地域自給自足のための複合植物工場のフレーム 

 ●地域第四次食品産業の原料供給基盤の実現 

 ●地域中小企業が最適運営する複合植物工場 

 ●地域の複合植物工場の生産コスト低減 

 ●地域の露地型の成功の知恵を真似る 

 ●地域複合植物工場の商品開発 

 ●地域複合植物工場が儲かる創市場

 ●地域が脅威に勝つ戦術 

 


□「コア・コンピタンス」の明確化

コアを相対格差づくりに活かす。
 

「コア・コンピタンス」とは自社の中心、つまりコア(核)が何かを明確にする。営業担当は「売り物」を思い込む程度まで身に着けることが重要です。


□先進する事業の勝ち残る知恵を活かす

業績が黒字体質の企業には、環境変化の中で勝てる固有技術を常に磨いています。世界国内情報を国費から民間では不可能な費用対効果と豊富な時間がある別次元で情報収集解析できる団体の元データを活かしきると、情報公開時代想定以上の仮説組立てができる確率は高い。
団体をすばらしパートナーとして、社内組織に組込み能動的活用行動を待望しています。


 

世界国内情報を国費から民間では不可能な費用対効果と豊富な時間がある別次元で情報収集解析できる団体の元データを活かしきると、情報公開時代想定以上の仮説組立てができる確率は高い。

民間が国費を自在に最先端情報技術検証のために自社優位にできる方法は、団体の役員トップとしてその団体を国策と連動させ先導する要領のよい方法を活用して、自社に利益誘導をする方法があり、すでに長期に渡り実戦している企業内人財を配置して社内プロジェクトを組んで黒字化するしくみを構築している企業があり、21世紀、口をあけて受動行動する企業と、超積極的能動行動する企業は想定以上の乖離が加速度的に生じていることに気づく人もいるかもしれません。

◆固有ノウハウを事業に活かす


◆業種専門技術を啓発支援する団体

◆半導体情報通信技術を活かす

◆エネルギー自給への対応
 


□最新事例で問題解決突破口探しの窓


 

「A志援サイト」を活用した企業、団体、大学、行政等の
最新更新情報から問題解決の突破口を探す21世紀型戦術、先人の実際の進化段階を知り、自社の進化の段階との格差を確認すると自社の固有ノウハウ構築と未来事業展開の方向が浮かんできます。
 

 

 

□A志援人材人財の価値基準

  ◇創市場は突破口

 ◇制御型人財数を増加

 ◇地域は脅威に勝つ




































 


◎来訪者専用コンテンツの目的


◎戦略的に制御
人財へ成長する
  
・制御型人財の人格形成
 

◎創市場実現の「知行一致量」アップの方向


日本で実現可能になつてきたプロジェクト

智慧本の活かし方


□新事業展開時のインフラの進化

   
●琵琶湖再生実現への具体的事例
    ・浜名湖浄化技術実証実験一覧表

    ●植物工場2012

    ●栽培養殖漁業2012

   ●農業法人の中堅大企業の待望

  ■食と健康業界の変化
     
◆現在の食業界の本流を先導する企業 
   ◆食環境向上推進団体
   ◆食業界推進基盤企業
   ◆厨房設計施工関係
   ◆食業界発展を支える企業
   ◆食業界・厨房発展先導企業
   ◆冷凍食品製造業の進化
       ◆食料自給への対応 

    ●「新連携」型企業事例

    ●プロジェクトに連携する建設土木関連

    ●製造に関する次代への進化

  ●農業資材・農業関連システムの進化

    ●物流、調達機能と事業展開との整合化
   ◆運輸構造の最新変化を知る
   ◆物流・流通業界の団体機関の変化を 知る
       ◆SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン

  ●触媒の進化

  ●気象環境を事業に活かす
  
  ●温度制御の探求
       ・温度制御に関する考え方
     
    ●新事業実現期間短縮技術の進化
   

 
 


 □予算獲得のための
上手な進め方


外部の智慧を戦力として活用する場合の
予算を検討したいときの考え方。目的達成のために上手に活かす。
 

◆名簿購入上限予算について

◆市場調査以来時の上限予算

◆半年・1年以上契約の志援
 

 

 

□先人の智慧「企業の博物館・史料館」

百情報、百文は一見にしかず


日刊工業新聞が2008.9.25「仕事を知ろう」特集を活かし、先人の智慧、現在までの進化のプロセスを現地現場で観て、未来を拓くトリガーとして活用できます。

◆企業の歴史館博物館&業界施設

 

□智慧本の活かし方

探す事例を学び最新最適本探しに活かす
 

あなたの今のテーマを解決する糸口を揃えた「智慧本で成長」を活かして、多くの智慧者の能力(脳力)を活かすことができます。
多くの書籍がeーBookで閲覧できるデジタル型ネット時代が加速度成長の時代に入りました。
全国の図書館の蔵書の進化支援している「図書館流通センター」が運営するオンライン書店「ビーケーワン」の機能やGoogleの進化した本検索機能を上手に活かすとそのとき必要な本が探せます。
紙の本の価値は 忘却し、常に最新に摩り替わる脳の記憶を再生したり、その成長段階で見落とした新たな発見があります。
 

 


■智慧本で成長 

ある時点までの情報です。不易型の書籍を重点にした事例です。最新の書籍は、書籍名をキーワードとして探すと想定以上の速さで必要な書籍に出会える確率は高い。

最先端情報をあなたが独自でテーマ別に整理してください。上手な整理のためのベクトル方向探しのトリガー

「e−BooK」のビジネス書の公開量は益々増加します。目的の本に短時間で出会えるために、検索のキーワード事例として活かしてください。
 


出版社一覧

●書籍
ベストセラー情報


◎専門書籍(発行先へ直接注文)

◎専門雑誌



 


○新聞社(一般)

○専門新聞の分野別一覧
行政・教育・文化、環境・エネルギー、金融・証券・税制、交通・観光、保険・社会保障、医薬・歯科・化粧品

○専門新聞の分野別一覧
電気・ガス・水道、情報通信・通信販売、鉄鋼・セメント、化学・ゴム、住宅・不動産、建設

○専門新聞の分野別一覧
農林・林業・酪農、食品・食料・醸造、繊維・装飾・家具、輸送・物流
 

□創市場創客

専門事典年鑑(統計・アンケート・白書)

専門事典年鑑(市場)
◆業界の基本常識
業種別審査事典
調査報告書・書籍(直販)
◆企業団体名簿
◆業界地図企業データ
◆マーケティング
◆営業善循環(ホスピタルティ)

 


□経営


◆部門の仕事関係
◆問題解答事例
◆業務専門化シリーズ1
・日経ビジネスゼミナール ・日経文庫 ・日経ビジネス人文庫 ・日経ものづくりの本 ・日経スーパー便利帳 ・ドラッカー名著シリーズ ・ドラッカー名言集 

◆業務提案関係

専門事典年鑑(経営)


 
□環境
◆環境ソリューション関係

◆食糧食料問題解決関係書籍
 


□ものづくり

◆開発・設計1

◆開発・設計2
厨房設計施工
◆ものづくり(製造現場1)
◆ものづくり(製造現場2)
◆ものづくり(シクミ1)
◆ものづくり(シクミ2)信頼安全伝承
◆ものづくり(シクミ3)品質QCTQM5S等

◆世界標準規格関係
 


 

 

 

 




□「創市場・創客を計画的進化実現したい!

早道はない!
知識を高度化し、仮説を実行し、さらに知恵化する「知行一致」型の
汗(多様な実証検証をする非効率な成功確率を高くする実戦行動)の期間が必要です。

  不況を「普況」と本音で捉え、「ゆで蛙体質」を離脱し、勝ち残り領域へ!
  突破口は、200%の過負荷で創客数を計画以上に達成できる持続体質改善。
  戦略視点から「創市場・創客」のしくみ・システムを補正し、未来の扉を開く布石
  行動に専念する。
  各部門を自在に活かしきれる制御人財が機能が機能発揮をはじめると事業展開は
  想定以上の変化をはじめます。 





□創市場創客の具体策事例

企業の新業績基盤構築は存続のためのエンドレステーマ。経営計画の中の新規事業・事業再生計画がスタート。その実行策を確信化し、総能力を超スピード行動に移すための情報をテーマ別に整理

・業界大展示会活用情報
・企業の歴史館博物館&業界施設
・特許活用便利情報
・白書・統計活用便利帳

 
 


■創市場に役立つ事例


経営の視点から戦略的創市場創客を活かしたときのコンテンツ一覧
 









 

 ●最新事例で問題解決の突破口探しの窓

創市場創客を先行指標として業績先行管理する場合、お客様の満足度より「もうちょっと」できるように社内で提供する内容を今よりプラス領域量が多くするカイゼン行動は、リピート契約確率が高くなります。

拮抗する競合他社の進化レベルを確認し、自社と比較し、可能な範囲で、自社が優位になるプラスα提案を推奨します。その行動時、ベンチマーク企業探しに役立ちます。



◆首都圏創市場実現の智慧

大都市を重点に事業展開するため事例。世界進出都市の市場戦略のプロセスとして応用できます。
自社の事業展開に応用するための事例。地方行政単位での事業展開事例。

首都圏、地域、広域の深耕するとき便利な情報
・東京神奈川埼玉千葉の情報
・首都圏への進出志援する地方情報
・首都圏商工会議所活動
・日本商工会議所活動
 
●ネット活用力が創市場実現格差 事例 
















 


◆テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)

21世紀テレマーケティングとしてのコールセンターやコンタクトセンターあるいはネット通販といったキーワードで代表される顧客と企業、企業と企業のコンタクト手段は、「IT技術の進展によって、より効率的に、より快適になり、私たちの暮らしに欠くことのできない存在になつてきました。 また、距離を越えた活動が容易にできるため、地方では多くの雇用を生み出す原動力にもなっています。

●中小企業は、情報セキュリティ攻防戦が高度化し兆速進化するITを操作する超人罪群に1社だけで対応不可能な時代に入りました。
地域CATVのような、広告宣伝、地域への市場浸透深耕ができる複合効果のある機能に、共同出資のコンタクトセンターを共有し、協業の開拓ための顧客と個別顧客を明確に区分して、自社の養成期間の営業パーソンを短期で成長させる教育システムに組み込むことを推奨します。最小の投資で最大の効果とITの運営を専門プロに任せ、その運営のメンバー要員として、自社の将来の役員候補の6ヶ月交代派遣のしくみをつくり、創市場創客総能力を常に最新化で刷り替え更新するしくみを構築する。

 

◆創市場創客で事業業績基盤

 市場調査の実績のある企業、それぞれの固有の専門技術違い、 内容の精度の違いを集中的に比較検討する参考情報 よりミクロの情報を追求できる体制と、蓄積した豊富な継続的マクロ固有情報を自社に保有している情報源企業に選別しました。掲載企業より、生データ入手し加工型の企業は掲載しませんでした。





















 


◆新市場製品商品探し 

自社の情報だけでは、競合他社の情報戦で負ける確率が高い。
外部の専門機関の智慧を自社で最適に加工(ミクロ・ミクロ情報)し、競合他社に優位な事業展開プロセスを組むとき必要なマクロ・ミクロまでの情報で補正し黒字確率を高める。

企業事例
 


◆新客探し

黒字企業の方が上手な活かし方をしている企業。
新規開拓の創客のための自社にない業種業態、顧客情報が陳腐化して今と乖離した情報を経費効果でムダ経費にしている分野

 
企業事例

 

 


□新製品・新事業開発のための
情報

自社の事業領域を時代に適応させて変化させ、持続的業績基盤を構築しよう。



 

□「コア・コンピタンス」の明確化

コアを相対格差づくりに活かす。




 


□創客は「ホスピタリティ産業」から学ぶ

 創客を鼠算で増殖する方法は、垂直型の新規開拓だけでなく水平型のお客様満足度を高めてリピート率を上げ、紹介で新規客が増えるしくみ強化が重要です。日常の価値基準を「ホスピタリティ産業」のやり方を身に着けておくことが成功確率を高める方法の一つです。
 


□創造的マーケティング


先人の無限時間をかけた成功確率の高い手法を活かし、総能力向上スピードを加速するために実戦実証量を増やしてみよう。

 


□営業関係知識項目スキル熟練度


勝つためには、段取りが8割のウエイト。
綿密な行動プロセスを組んで行動を制御すると想定以上の実績が持続的に上がる段階がきます。
 

 


□創市場創客にWebツールを活かす


中小企業の戦略力点を知るために、強い競合他社の多い「首都圏市場」で事業展開する企業の現状を知り、21世紀急速に成長してきたWebツールを活かしきる若い世代を養成するときです。若い世代がまとめる情報を制御人財は自社の価値判断で補正し、より成功確率を高くする役割が必要です。
 

 


◆ネット時代の高い信頼度で進化の速い情報源


公開情報を、運営者発想で、活かしきることが、21世紀のスピード時代の自己能力武装機能をアップさせる道。





□マーケティング支援機関

世界規模で業界環境が乱高下する時代は外部の専門性の高い知識を活かし、社内累積情報とすり合わせ、成功確率の高い方向に事業の羅針盤を向けて創市場創客数を計画どおり増加させるようにする

●「農業」の販路開発
第一次産業としての農林水産業は現状での段階の展開状況で、海外市場への参入販路の拓け度合を知り、布石を打ち始めるとき

 


□日本の産業企業の成長過程


日本の業種業態を先導する企業の内容をベンチマークし、創市場創客で勝てる分野(ニッチ)探しと、コアのさらなる強化の方向を知る


 


「固有コアを進化させる企業群一覧」

世界で勝ち残る企業の固有コアはどのレベルか知り、その企業の最強パートナーとして、その企業の難題を解決するために開発実現のスピードを加速し、ともに創市場創客実現パワーをアップすることを推奨
 

 □「コアコンピタンス」の明確化

業績基盤にふさわしい行動かどうかは業績結果で出てきます。
業績がマイナス領域の場合、やりかたしくみを180度修正し、プラス領域に短期で換える

 

 

 

◆半導体情報通信技術を活かす

 情報通信機器の高機能化、低消費化の要求を満たすシステムLSI等を実現するために、半導体技術は進化をつづけています。世界規模で、急速な進化をしている業界





 

 


●食と健康業界の変化

 業界研究事例 食の業界は、「安心・安全」追求、物流の進化、日本国内の世界最低レベル自給率から国際的な輸入環境の変化により、農業生産のハイテク化工場化が国家的戦略となり始めてきた。研究段階から起業段階へすすむスピードが加速されてきている。その変化情報を整理し、事業として役立つ情報を揃えます。

◆食業界・環境を変える志援 企業事例
◆食業界の物流進化 企業事例
◆食料自給への対応 企業事例 団体事例
 

◆エネルギー自給への対応

 日本国は21世紀エネルギー自給への対応をハイスピードで切り換える時期が近づいています。日本国は20世紀の「油断」時の「対症療法」が 再び21世紀は同様な状況に緊急対応できない現状を人財の皆様は、検証、確認せれたはずです。国家戦略とエネルギー自給を実現する多数人財の輩出が急務




 


◆固有ノウハウを事業に活かす企業

蓄積した固有ノウハウを複数統合して取引先企業の志援に活かし、成果を上げる企業。グループ内企業での臨床事例を多くの企業へ展開する企業が増えてきました。帰納法的に実戦を体系化し、演繹法による仮説からのも両面で臨床を継続し、進化を続ける企業。

◆業種専門技術を啓発する団体

業種に関する一企業では入手に限界のある最先端の高度な専門性を啓発支援する団体。 ・熱電気エネルギー技術財団 ・エネルギー総合工学研究会(産総研) ・日本半導体製造装置協会 ・日本経営工学会 ・新エネルギー産業総合開発機構
 


 ◆事業展開突破口テーマの解決具体策

黒字体質企業には、競合他社常に優位になる「勝つべくして勝つ要素が多数組み合わせて事業展開しています。」。赤字体質企業は、景気利潤を期待し、財政破綻へ着実に進む日本国のばら撒き助成と環境、経営資源の不足に不満を言い赤字を正当化しようと他責任型の人の数が55%以上いる企業です。
財政破綻の日本に歯止めをかけるのは消費税より、黒字企業が55%以上になり、若い世代の完全雇用インフラができた時、国に期待せず自力本願で儲かり、法人税を持続的に潤沢に払うことができる日本国の財政基盤ができます。

日本国の国民の血税を使うことが正当にできて、費用対効果の工夫や、日本国の税収増加が儲かるしくみにする義務がない、別次元組織である学校、政府直轄間接団体は、民間ではコスト的に不可能な費用の集積情報を、「猫(多くの企業)に小判」税金のムダ使いに見える現状です。しかし、民間とは異なる存在価値に気づいた大企業は20世紀後半から、すでに日本の大金額の黒字企業は、縦横に自社人財、OB人財を配置して、日本国に財政を戦略的に活用しています。企業の潜在格差は急速に乖離した現実に気づいたあなたから、能動的積極活用を推奨します。

自社を黒字化体質にし世界市場で比肩し勝ち残るための外部パートナーとして活かしきる時が来ています。TPPへ邁進する日本の本流の時代、未来勝ち残る緊急準備体制に入るときです。20世紀後半と異なり、中小企業への支援を積極的に推進する大学、団体の素晴らしい実務人材の数が増えてきました。「そったく同時(親鳥と雛鳥が殻を互いにつつき卵がかえるときの行動)と酷似した現象が見える時代になってきました。やっと中小企業の人材でさえ活かせることに気づく企業がふえてきました。70%以上の中小企業が、学校団体と「もとつもたれつ」の連携をし、日本人の長期に渡る全体最適で役割分担する農耕民族としての本来の強みを活かす行動の時です。個人主義者は他国に流出させ、逃げ場のない日本人だけで、日本を富む国へ戻す行動をはじめるときです。
 


◆健康機能再生復元探し


 「環境が人類の生存に、マイナスの働きをする時代」がはじまりました。健康維持こそ心身の健全性の保持に必要条件です。そのノウハウを身につけ、あなたが人財として成長し活躍するためには、健康の継続的保持と障害が発生したとき短期再生、復元のノウハウと継続的実践ができることが着眼です。優れた関連情報を揃えます。

●人は命ある間、どんな状態でも、傍・周囲に関わり存在価値があります。傍・周囲にプラス領域に向くベクトル方向の何かを行動して足跡を残すことが生きた証しです。今できる最高を目指し、健全なる身体(肢体完全のこととは別次元、今の自分の形)に新しい形に再生復元すると新たな何かが貢献できる行動ができます。再生途上の挑戦中の人は、今のプロセスが、子々孫々が幸福になる事例になることを信じて、昨日より、今日、今日より明日と、プラス挑戦行動すると、人の本来持つ復元機能がプラスに変えて変化してくれるようです。
10歳まで、体質が弱く、三途の川を何回も渡りかけ、すばらしいお医者様とその時の最適医薬で、現世に戻り、10歳以後体質基盤をスポーツで変え、20歳後半は、自分上限を超える過剰付加を達成欲で行動し身体、精神の破壊寸前になってしまいました。2名の損得抜きの故人の2名の恩師に偶然出会う運があり、徹底的にプラス領域へ導かれました。今、定年まで働き、家庭、孫があり、食べることができるまだ生きていられる幸福に感謝でき私のような人生もできるかもしてません。自分の周囲の力を素直に信じ、プラス思考で思い込むと、必要なことを着実に実行すると、身体の保有する機能が働き運を呼び込み、人には平等に再生復元機能がある確率は高い。
チャンスの女神の声を聴き、後ろ髪をキチント掴むと、運という異次元のプラスベクトルが起動をはじめるようです。 


◆世界観で自分の行動をもうちょっと変えよう

21世紀はコンピュータIT化情報共有化の進化により 国土資源が豊富(さらに人口数が多い)な国益最優先の国に富が集中し、逆の条件の国との富の格差は20世紀と比較し想像以上の格差時代が始まりました。世界の国力のバランスは急激に変化しはじめました。富む国を指導するすばらしい人財が、国益的価値判断から人類観、世界観、地球観、宇宙観に目覚める人財に成長輩出スピードを加速を必要とする時代がきました。もし輩出が遅れると人類、地球滅亡のカウントダウンがはじまる限界をはやめる真因となる確率は高くなってきました。

●時に応じて、柔型行動と瞬間の剛型行動を最適に整合させて知行の総能力組織力を活かす行動を採ることが、日本国は、資源、人口、国土が豊かな国に比較して、存亡の危機が逼迫する時が近づいてきているようです。























 

 

 

 




□新規プロジェクトを担当をするときのフレームワーク

業種業態の勝ち残る企業の「よいとこ探し」をして、持続的に業績プラス領域の方向を学ぶ。
着手する投資資金、規模で全体のフレームワークと各要素機能を計画軌道を遂行する
ふさわしい日常成長をさせる。
事業業績組立てに必要なコアが先行で伸びる要素機能を整合させて成長させる。
各要素機能が成長するためには固有の必要期間があり、時系列で整合上不足している部分は、
外部力で補完する必要があります。
一企業単位での成長は、20世紀代の外部環境が世界規模で変動しないときの方法、
21世紀は、外部の知識、知恵、人・ものさえ必要なら活かしてある一定規模までスピード
成長させなければ、短期で生き残れなくなる現象があります。




 ●経営は環境適応業

今の投資資金に応じてふさわしい規模で環境の最適適応できるしくみシステムで実戦するためには、成功領域の方法を活かす。
 

 ●企業の壁の突破口探し

今、何から重点集中行動すれば環境に最適適応できるか

 ●突破口テーマの解決具体策

今、どのテーマから取り掛かるのが最適か、現在の総能力で重点集中できる方法を探す。


 ●「新連携」で企業使命実現の確率を上げる

社内の未経験の専門性を短期で補完させ、ふさわしい実行機能を発揮させる時、外部の総能力を短期で、自社にふさわしい内容の修正し、人・組織の総能力を短期で高くできる方法の一つです。
 


 ●日本の産業の成長過程

新規プロジェクトで今ゼロ要素は、成長過程です。すべて、仮説・机上での想定だけです。勝ち残る業種業態企業の戦略的事業展開のしくみ、なかみを先人の知恵として、ホームページから学び、行動重点を重点集中できるようにフレームワークを構築する。

 ●経営人材システム評価

日常の行動を数値化して、どの段階まですすみ、後何を付加すべきか見える化できる評価のしくみが「後送り」の行動の歯止めを掛ける方法です。指標化、初期は費用対効果、時間生産性の高い要素を重点集中で伸ばす。


 ●ISO認証を活かす「強い会社」つくり

事業展開が一巡した段階から、フレームワークをシンプル化して、世界標準を想定して、一人三役型多能人材化をひじべ、専門家か総合家として育てるか人材選別に入る。組織の総能力を発揮させるための準備に入る。人の成長は、しくみシステムのカイゼンスピードよりりきまずして行動できる段階まで時間が必要です。
 

 ●再発防止に関する行動

新規事業は想定外の問題が発生する確率が高い。事故が発生するまえに必ず徴候の頻度が増えてきます。そのときの予知予防行動を体得しタイムリーに行動できるかが生き残る分水嶺になります

 □新製品・新事業開発のための情報
自社の事業領域を時代に適応させて変化させ、持続的業績基盤を構築しよう。


 □「コアコンピタンス」の明確化

業績基盤にふさわしい行動かどうかは業績結果で出てきます。
業績がマイナス領域の場合、やりかたしくみを180度修正し、プラス領域に短期で換える
 

□創市場創客の具体策事例

■創市場に役立つ事例

 


 ●投資育成のしくみ

中小企業が新規プロジェクト(事業)にために資金調達する方法で最適なものを探す。
 


 ●狭域高密度型地銀信用金庫の潜在力

地域密着型事業展開するとき、地域で資金調達と経営推進するときの外部の補正機能ちして活かす。
 

 


 経営者

プロジェクトの責任者は、自社内に先人がいない道の分野です。
経営者と同等な決断が必要になり多面的、多様なスキルを磨く必要があります。当面の「虎穴に入る」テーマの成功体験の累積は「知恵・行動の暗黙知」を増幅拡大します。 そのために常に成長させるために必要な基本素養





 

 
●自分を変え周囲が代わる価値判断

決断のための価値判断レベルをより高くして成功確率を高くする。
「一人ではじめなければなにもできない。一人ではなにもできない」の原理。組織を最適に活かすように、抹消まで張り巡らせる神経回路、総行動量をアップさせる人組みづくりは日常行動の一つです。





 


 ◎若い最先端知識人で地域の智慧を進化

地域を変える最前線で活躍できる人材が育つています。
地域の未来を担う人財に育てるためには、地域の中小企業の協業体である「第四次産業・複合型食品産業」による事業展開を地域密着CATVを核にして展開し、若い世代は勿論、地域の生活者の就業数を安定増加できるようになります。若い先入観障壁の少ない世代と連携し地産地消豊な地域を創る人として地域が活かす千載一隅のチャンスの時です。 「日本の地域をつくる」基盤を創る人材がすぐ近く多数います。  


 ●産業人材能力に関する情報

日本国が描く世界に比肩拮抗できる人材はどんなイメージかを知り、自社人材を戦略的に育成するための人材プログラム準備を事業展開経過の中で組み立てていく。
 


 ●管理の基本能力

人を速く成長させて、組織人として育てるためには、「管理の基本能力」をわが社に最適なように身につかせるOJT OFFJTの組合せタイミング次第です。
 


 ●先人の智慧「企業の博物館史料館」

商品開発は、現在までの進化のプロセス(成長過程)を見ると、無限の開発発想の手順が浮かびはじめるときがあります。若い世代ほど「思い込み、早飲み込み」が少ないので課題をもって活用するしくみをつくる。
 

 

 

 




 

■事業は人・人材・人財群の考働の結果(総人財力格差)

    ”企業は人なり!”  個人のスピード成長のしくみ化!
  複雑高度化中堅大企業は 人の組み合わせ集団化!
  



企業経営におけるモノ・カネ・ヒト・トキを活かすのも人財群であり、企業の生死を握るのもあくまでも
ヒトです。

経営者にとって最も関心のある勘定科目は人件費であり、人件費ぐらい不思議なものはない。高賃金を
払ったからといって、高能率を保証してくれるものではない。
1プラス1が2になる計算ではなく、1プラス1が5000の力となるときもマイナス3000の力になることもあります。

人が付加価値(可能性・稼ぎ)を生む原動力となり総組織機能を増幅発揮する重要な要素です。

あなたが、30歳を越えたら、自分の人生のなかで縁があって入社した現在の会社で、帰属意識を持って
本格的に周囲が評価したくなる変化をするために人生のシナリオを創り挑戦した方が、あなたの成長
スピードが変わってきます。無限の成長を志す場合は、付加価値のある時間創りが重要になってきます。

当面の仕事で評価されるためにふさわしい、専門性・総合性の拡大をあなたが志し、自分の所属する組織
の総能力量を上げ・組織力発揮するトリガー役をとり、変化させると、あなたの属するところの人財群・組織
が変わり、着実な業績基盤の構築が初まります。

変化のトリガー役が「あなた自身」だと誰にも気づかれなくても、周囲の評価が変わらなくても、新しい部署へ
異動したり、転勤した時、一つの成功プロセスを体系化し体得し準備ができていると、どこでも同じ価値判断
レベルまで短期で達し、自分自身の成長がわかるようになってきます。いよいよ想定比較対象が、社内で
なくなり、自分自身への挑戦段階になると、その場での実現量は想定以上に期間が短縮ができるようになり
ます。

複数の体験の蓄積量がある基準(内容の難易で異なる)を超えると、相乗効果を発揮し、さらにプラスαの
ノウハウが構築されてきます。

目標達成のプロセスの重点・短縮定石(コツ)がわかってきます。必要な時間をかけ、先行計画的に成功
要素を整合させながら蓄積することができるようになると、目的達成のための目標が次々と達成でき
はじめます。

その段階になると、
期間を設定すると、受動的働き(動き)を先行布石型の働き(動き)へ変わって
きます。想定以上に設定期間が 時間短縮できることに気づいてきます。

人間の知識および必要なスキルは未知の分野の場合、誰でも
「ゼロ」から始まります。
経験してきた分野ならベテランの場合でも、新部署・新エリアでは
「ゼロ」つまり、誰でも「新人段階」から
のスタートです。その部署の人財レベルに
ハイスピードで短期修得できるかはあなたの成長度合と
相関関係があります。その体験が、類似テーマの場合は、想定以上の達成期間の短縮ができます。
(蔵⇒修⇒破⇒離⇒遊 のあなたのその場での進捗度評価の判断精度が重要です。 )

先入観はハイスピードのブレーキ要素になります。まず正しく現状を知り、目標達成の方向を明確化し、
現在
不足の因子(要素)を先人の智慧機関、智慧本、智慧情報を自分流で探し、不足を補完するため
に、全知全能を集中して業務の時間を効率的活用して、学び、まねる、体得するインプットのための
自己
啓発時間の確保が必要条件となります


補完部分のインプットが業務の全体の因子(要素)が整合してくると組織の中での働きが加速できように
なり、短期でその部署の最先端レベルの人財と同等以上の成果が出せるようになつてきます。

「勉強をしすぎて死んだ人はいない」ため現在の業務遂行で必要な因子(要素)を明確化し、常に不足
を意識し、補完するために、「
先憂後楽主義」の姿勢で今を大切にして、実践効果の高いノウハウを吸収
する方が早道です。

企業の評価は、企業の評価法を創る人財の成長度合で決まり、あなたの想定した期待以下の場合があり、
逆に評価されない場合があります。また担当した部署の業績基盤が安心成長路線を進むことで満足しな
ければならない場合もあります。

自分の成長スピードと会社の他の人材の成長スピードが乖離、つまり他の人材の成長スピードが鈍化して
きた場合、相対比較を社外に求めることが重要です。超スピードで人財成長をさせる企業が沢山あります。

自社内で自分を変え、周囲を変える努力が出来なくなったとき、はじめて自分にふさわしいスピードの企業を
探させば、必ず次の成長できる企業が見つかります。ただし、途中入社のため、「ゼロ」からの出発ではなく
すでに成長してきている人財群と相対比較すると、「マイナス」要素です。その企業の人財群の成長レベルに
短期で追いつくために、
現在の2倍速の覚悟が必要です。

選択はあなた自身で決めなければならりません。全て人生は選択、自己責任です。


●企業の組織の品質・スピードは、人材群の平均レベルではない。
 平均以下の人材群にスピードを支援するために、平均以下のレベルになる。
  組織の働きで優秀人財が本来のスピードを発揮しないときもある。
 
 そのときは、自分の体質に合う高品質・超スピード企業型へ人財育成する方法を探し出し、創り、
  従来の手法にプラスαを付加しすると、共鳴、共振、共動(働)する人財の数が増えると、組織変化の
 潮流が変わってきます。

  経営者・経営幹部の戦略的人財育成が企業の未来を決めます。


  
”あなたが成長してきた能力を発揮し、さらに成長する善循環サイクルの中に、
 130%以上の過負荷をかける実戦の場・「新市場新顧客特許設計商品開発
 新事業基盤を創る」機会を組み込み、完遂するために総合的問題解決力を
 発揮することです。集中徹底した部分から壁は破れてきます。

 社内の身近なアドバイスがもらい難いプロジェクト(そのときの社内総能力不足)
 を担当し、現場力を養う方法として会員専用コンテンツは最適を探求しています。

 ”あなた”が”あなた”の会社を安心成長させる牽引人財へベクトルが変わります。

 企業にとっても戦略的人財育成スピードを上げる最適法となります。”
 



 ◎コンテンツ選択の基準 

  
30年第一線で活躍する外部が評価するゼネラルコンサルタントが公開理論を検証確証
   する目的で、本人は多忙なため、工数がかかる未経験テーマを現地現場でその理論を
   実践し、成果つまりその理論が成功確率が高いことを証明したり、新事業創業の手順
   を実現したり、短期人財育成手法の現場で証明する、表舞台の彼らの黒子、成功成果
   評価は全て「表舞台の人財のものになる」役割です。
   
   多種類の業績責任ある業務兼任で、「社内コンサルタント」として 実戦実践し実現し、
   後継人財を育て、引継いだ、臨床確証検証済のコンテンツを紹介します。
   縁ある企業、拠点、新規事業部門、縁ある人材の人財化をしました。
   現状正しく認識し、長所を探し伸ばし、短所を押さえると必ず善循環の軌道に入ります。


      「孟母三遷」から始まり、「前例のない未知を現実化させる」
   「賛成1反対9の 四面楚歌の中で反対9を賛成させる臨床での成功事例を構築」  
      「赤字慢性拠点で 火中に栗を拾わされ 黒字化と継続基盤のスタート」
    「虎穴の中に入れられる」   「深い谷に落とされる」 

         
   超一流の「知行一致」人財を目指し、決められたことは素直に「はい」で受け入れ、
   強い意志力で、社内外の総能力を活かし、必ず実行・実現するために、
   絶えず自に重荷を課し、自ら衆人環視の前にあるいは断崖絶壁の前に立たせ、
   当面する仕事に、全身全霊を打ち込む心のわりきりをして、自社に先例のない
   問題解決の成功事例を創り続けた突破事例の中で選択しました。

     ・シンプルな体系化 汎用化して現地現場で活きる内容を重点にしました。
     ・不易の基本原理、流行の応用原理
     ・世界標準を超え、世界企業と拮抗できる人財への成長 
     ・経営者経営陣としての素養・能力・品格
     ・高単価品の販売能力を身につける
     ・その他 

     ◎過去、多くの同僚、先輩は、90%以上挫折し、理由をつけて現場を去りました。
        
    制御型人財として成長を志す人が、高い壁を超えるコツは 3つを全体最適
    で行動すると、必要な情報量「ゼタ時代」、A志援の2倍速以上で知行レベル
    を成長できます。
 
    
・目的は 普通の自分にできる可能が完全ゼロでないから、機会が与えられ、他の人が達成できなかった
      高度な領域へ成長できるチャンスと捉えて、チャンスに感謝し、右脳のマイナス思考を断ち切り、普通の
      人の7倍速以上で、縁ある人、集団組織うぃ活かしきり「やってやろう!」と行動に重点集中してみる。

     ・時間 普通の人の7倍速で動くと、周囲が時間がとまったように見えて、常に先手先行で行動ができる
      人の左脳・右脳・神経の働きが高まり知行の集中力が研ぎ澄まされてきます。行動は、不思議な現象
      である平凡で普通の人に、非凡な火事場のばか力を発揮している自分に気付く段階がきます。

     ・心身のコンディションが瞬間で最高に発揮できる日常生活をしていると、問題解決に必要な核心を突く
      情報ばかりが優先して、目に見えたり、聴こえたり、すばらしい先人に出会えます。

     常に過去にプラスαを付加する意識行動を継続するとある段階に達すると泉が溢れるように湧き出る
     ように人の機能はできているようです。普通の人と「思い込む」ことを断ち切り、無限に進化する自分を
     信じ、信念、使命を持ち、常に多様な方向のプラス領域量を多くするベクトル方向に向けて、汗をかき
     行動した人だけが味わえる世界です。 

     

   
   全体最適を優先し、他力が与える環境を自らの成長の機会とし、実戦達成し続け、
   現在も続けている臨床確証検証したコンテンツです。